知事・大臣・建設業許可申請・大阪府庁・行政書士・新規・更新・変更・業種追加・一般・特定・知事・大臣・国土交通省・決算変更届・経営状況分析
事項審査・入札資格審査・建設工事の種類・管理責任者・専任技術者・資格・書類・大阪府建築振興課・申請・手順・土木・建築・電気

建設業許可について
建設業許可/必要な条件
必要書類
各種申請・届出
事務所概要・料金表
 大阪府知事許可(新規)申請の手順
建設業許可の内、大阪府知事許可の新規・許可換え・般特新規の手続きについては概ね以下の通りとなります。

1.必要な許可の確認
まず、建設業許可が必要かどうか、28種類の建設業の内どの建設業が必要か、知事許可か大臣許可か、一般か特別かを決めて下さい。
2.許可要件の確認
建設業許可を受けるために必要な以下の要件を満たしているかどうかを確認して下さい。
①経営業務の管理責任者がいるか →詳細
②専任の技術者がいるか →詳細
③請負契約における誠実性があるか →詳細
④財産的基礎または金銭的基礎の要件を満たしているか →詳細
⑤欠格要件に該当しないか →詳細
3.必要な書類の確認・入手
必要な書類については→こちらのページでご確認下さい。
許可を受ける際に必要な書類は、
①決められた書式に記入するもの
②記入した内容が事実であることを証明するための添付書類
に別れます。
許可を受ける方は、記入に必要な個人・会社・管理責任者・選任の技術者等の情報を漏れなく集めること、そしてそれらを証明するための財務諸表や納税証明書、営業所の写真、登記簿謄本、定款、資格を証する書面、実務経験を証明する書面等を準備する必要があります。
事実確認の為の添付書類については→こちらのページでご確認下さい。
4.書類の作成
ご自分で作成する場合は各書面の裏面または下部に記載されている説明をよく読み、不明点は大阪府建築振興課等へ問い合わせて(なかなか電話がつながりませんが)確認して下さい。
行政書士事務所に作成を依頼する場合は必要な情報と書類を渡しておけば、あとは許可がおりるのを待つだけです。
5.申請(大阪府知事許可)
申請に当たっては、大阪府知事提出用に必要な手数料分の大阪府証紙を貼付し、申請者控え用との2部を提出してください。
手数料は、
 ・一般建設業だけの申請は9万円
 ・特定建設業だけの申請は9万円
 ・一般建設業と特定建設業の両方の申請は18万円
です。
申請の受付場所は、大阪府庁内の新分館2号館1階申請受付会場です。(郵送での受付は行っていません。) 受付場所の案内図は→こちらをご覧ください。

申請書を受理した日から30日程度で許可の通知書が営業所に郵送されます。
不明な点がございましたら当事務所にお問い合せ下さい。
06-6228-4522

                     © 2008 行政書士はやし事務所 all rights reserved              
製作 hayashi-homepage